1. トップ
  2. 認定制度
  3. 国際臨床医学会(ICM)認定「医療通訳士®」認定制度について
  4. 医療通訳試験合格者認定

医療通訳試験合格者認定

医療通訳試験合格者認定

医療通訳試験合格者認定は、通訳する対象言語の「ICM認定医療通訳(対象言語)試験」を受験して合格し、かつ、「ICM認定医療通訳士講習会(ICM指定)」を必要時間数受講することにより申請が可能で、審査のうえ「ICM認定医療通訳士(対象言語)」として認定されます。なお、「ICM認定医療通訳試験」は、当学会が認めた試験実施団体が実施します。

■ 医療通訳試験合格認証により「ICM認定医療通訳士」の認定を得る方法

医療通訳試験合格者認定申込み

2021年度の第2回医療通訳試験合格者認定についての申請書等は現在準備中です。
準備が整い次第、本ページにて公開いたしますのでしばらくお待ちください。
※昨年の申請書等を以下に残しておりますので参考としてください。

第1回ICM認定医療通訳士医療通訳試験合格者認定申請要項
● 第1回ICM認定医療通訳士医療通訳試験合格者認定申請書類
● 募集期間

2021年12月17日(火)~2022年1月20日(木)
※必着。申請期間以前の申請は受付いたしませんのでご遠慮ください。

● 申請方法

上記申請書様式1・医療通訳試験合格証明・各種証明書のデータを下記申込先メールアドレスに送付

● 申込先

下記メールアドレスに電子メールにてお申込みください
mail : exam@kokusairinshouigaku.jp

※「ICM認定医療通訳士講習会(ICM指定)」についてはこちら
※「ICM認定医療通訳士講習会(ICM指定)」を未受講(受講証明書がない)の場合は申請いただいても審査対象外となりますのでご注意ください

第2回ICM認定医療通訳士認定(試験合格者認定)認定団体・対象試験

認定団体および認定対象となる試験一覧

団体名 試験の名称・対象 対象年度
一般財団法人 日本医療教育財団 医療通訳技能認定試験(基礎・専門)英語 2019年度以降
医療通訳技能認定試験(基礎・専門)中国語 2019年度以降
一般社団法人 通訳品質評議会 一般通訳検定試験 上級【医療】 日英 2019年度以降
一般通訳検定試験 上級【医療】 日中 2019年度以降
一般社団法人 日本医療通訳協会 医療通訳技能検定試験(英語) 2020年度10月以降
医療通訳技能検定試験(中国語) 2020年度10月以降

※1次(筆記)試験、2次(実技)試験の両方の合格が必要です。

なお、上記対象試験以前の試験合格者が本学会認定医療通訳士に申請されたい場合は、以下の方法での申請をご検討ください。

  • 「実務者認定」での申請
  • 再度上記団体の試験を合格された後、「医療通訳試験合格者認定」に申請

第1回ICM認定医療通訳士医療通訳試験合格者認定審査結果について

第1回ICM医療通訳士医療通訳試験合格者認定審査結果は以下の通りです。

  • ◯合格者:49名
  • ◯対象言語種類:10言語 (日本語―対象言語)
     ・英語   ・中国語
  • ◯都道府県
     ・宮城県 ・埼玉県 ・千葉県 ・東京都 ・神奈川県・山梨県 ・滋賀県 ・京都府 ・大阪府
     ・兵庫県 ・奈良県 ・広島県 ・福岡県 ・佐賀県 ・鹿児島県